離婚を求められたら絶対にしてはいけない6大NG

離婚を求められたら、突き付けられたら、どうすればいいの?離婚や別居を回避して、復縁する方法はあるの?こじれて離婚調停まで行った6万組の夫婦の2万組は、離婚を回避して復縁しています。復縁に成功した電話とメール例文とNG言動をお伝えします。

離婚を求められたら絶対にしてはいけない6大NG > 離婚を求められたら?離婚・別居の回避と復縁の方法

離婚を求められたら、突き付けられたら、どうすればいいの?離婚や別居を回避して、復縁する方法はあるの?こじれて離婚調停まで行った6万組の夫婦の2万組は、離婚を回避して復縁しています。復縁に成功した電話とメール例文とNG言動をお伝えします。

離婚・別居の回避方法と絶対にやってはいけないコト


夫から、妻から離婚や別居を求められたら?











その時、あなたはどう対処しましたか?

もし、あなたが以下のことをやってしまった。もしくは、やろうと考えているのなら、これは完全にアウトなので絶対にやめてください。

・相手の実家や会社や友人に電話をかけ、しつこく居場所を聞き出す。

・相手を、冷静にさせるために何ヶ月も放置。

・自己流で相手に手紙・メールを書く。

・生活費の問題を、全く話題にしない。

・相手の居場所に押しかけて話し合いを要求。

・離婚や別居の経済的損失など、相手のデメリットだけをしつこく説明


これらの行動や発言をしたのなら間違いなく離婚は加速します。











では、離婚を求められたら、どうすればいいの?

答えは簡単です。

離婚や別居を回避できた事例を忠実にマネすればいいのです。



【離婚や別居を回避できた事例とは】


まずは離婚の実態を数値データから見てみましょう。

日本では毎年23万組の夫婦が離婚しています。

そのうち、協議離婚できず離婚調停までいく夫婦は1年間に約6万組

そのうち、離婚調停で離婚が成立するのは約3万組

では離婚が成立しなかった約3万件は、どうなったのでしょうか?



実は離婚が不成立となった約3万件のうち、約1万件は離婚裁判に移行しています。(こじれたということですね)

ということは離婚調停約6万件のうち約2万件は、どうなっているのか?

実は離婚調停までいった約6万組のうち約2万組、全体の1/3は離婚せずに、元のサヤに収まっているのです。



だからあなたがやるべきことはただ一つ。

離婚調停まで行きながら離婚しなかった夫婦の事例をマネすればいいのです。

では、どうやって離婚しなかった夫婦のマネをすればいいの?

実は私は1年前、妻から離婚を視野に入れ別居を申し渡されて別居。その後、離婚調停まで行きながら、なんとか復縁にまでこぎつけました。

妻が子供を連れ実家に帰ってから、食事も喉を通らず、夜は眠れず、会社でも上司に「心療内科へ行って来い」と言われるほど憔悴しきっていました。

実際、1か月で9kg痩せました。



電話は着信拒否、LINEはブロックされ、妻の実家や会社や友人に電話しても、取りついでもらえない。

一人の家に帰るのが嫌で、会社で残業しながらネットで離婚を回避する方法を検索していると、あるマニュアルで1000組以上の夫婦が復縁していることを知り、即購入。

その日は会社に泊まり込んでマニュアルを読み耽り、音声を聴いて、例文通りに妻への手紙を書き、その足でポストに投函したところ、なんと妻から電話が来たのです。

【男性版】
妻に許してもらい離婚を回避する方法



このマニュアルの著者であるプロ心理カウンセラー、桑島隆二さんは、男性向けだけでなく夫から離婚を突きつけられた女性向けに

【女性版】
夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法


と言うマニュアルも出しており、こちらは女性向けの離婚マニュアルで、数年に渡り第1位の売上を記録しています。




そして桑島さんは、すでに1000組以上の夫婦の離婚を回避し、再び平和な家庭を営ませているのです。

 
それと現在のあなたの悩みが

離婚・調停相談
熟年離婚・離婚調停
浮気・不貞行為・不倫相談
親権・養育費 相談
法律問題・法律相談
自分の親や子供の離婚問題


の場合、一刻も早く専門家に相談する方が良い場合もあります。

その場合はこちらから無料で、あなたのご希望する問題解決のプロを紹介してもらえます。

【離婚問題】相談サポートweb無料相談



 

離婚や別居を回避する方法と復縁・関係修復の成功例


あなたが奥さんや旦那さんとの離婚や別居を回避して、再び平和に家庭生活を送りたいとしても、各ご家庭ごとに様々な事情があることでしょう。

「よその家ではうまくいったかもしれないが、ウチには特殊な事情があるんです。だから離婚は避けられません。」



そうおっしゃる理由もわかります。

ウチ、というか私にもいろいろ厄介な問題がありましたから。

しかし、離婚や別居を切り出す根本的な理由と言うのは、それほど種類が多いわけではないのです。

離婚を要求された側が、勝手に様々な理由をつけて、自分を正当化したり、諦めたりしているのだけなのです。



考えていただきたいのですが、今のあなたの悩みを、すぐに解決してくれる人は、あなたの身近にいるでしょうか?

その人は法律の知識や、離婚を決断したり、離婚を突きつけられた人間の心理や、離婚しないで復縁した事例に詳しく、離婚しなかった事例をいくつ知っていますか?

もし、あなたの悩みを解決できる専門家がいたとして、その方に離婚の回避を法的にサポートしてもらったり、カウンセリングをしてもらえるとして、どれくらい時間とお金がかかるでしょう?



そう、あなたには残された時間がないのです。

著者の桑島さんは心理カウンセラーであると同時に司法書士として数多くの離婚案件を解決してきた実績がある方です。

離婚調停や離婚裁判の現場で、離婚に至らなかった夫婦の数少ない共通点を抽出し、あらゆるケースや様々な夫婦に再現性を持たせ、法律面もカバーし、体系化したのが、このマニュアルなのです。


【男性版】
妻に許してもらい離婚を回避する方法



【女性版】
夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法






私はこのマニュアルの存在を知ってから、購入するまでに3分かかりませんでした。

なぜなら時間が経てばたつほど、妻との修復が難しくなることを痛感していたからです。

結果的にその判断は間違っていませんでした。

なぜならこのマニュアル通りに手紙を書き、妻の実家と会社に送ったところ、なんと妻から電話が来たのです。



そして今、私には離婚を回避できただけでなく、重要なノウハウが蓄積されました。

それは離婚や別居を回避するだけでなく、結婚生活を円満にする秘訣です。

もしも、あなたが奥さんや旦那さんから離婚や別居を切り出されていなくても、夫婦の関係に危機感を持っているのなら、一刻も早く、この情報を自分のものにしてください。

なぜなら、離婚や別居を要求された人間は、間違いなく私のように取り乱し、自分が不利になるNG言動で、離婚を加速させてしまうからです。

そして、夫婦の関係悪化は全て、あなたの言葉が原因であることに気付いてください。



今、お読みいただいているあなたにお伝えしたいのは

「一秒も無駄にしないでください」

の一言だけです。


離婚や別居を切り出した側に、冷却期間というモノはあり得ません。

非常に重要なので、もう一度書きます。


離婚や別居を切り出された時点で、冷却期間というものはないのです。


つまり、あなたに残された時間は非常に短く、その時間はこの瞬間も失われているのです。



もし、あなたが現在別居中で、まだ離婚を要求されていない段階で
「(妻や夫は)離婚までは要求していない。別居している間に不安になったり、怒りもおさまって、再び元のサヤにおさまるだろう。今は冷却期間だ」
とのんきなことを考えているなら、その考えは捨ててください。

別居した夫婦の74%は1年以内に離婚しています。

だから今すぐ、この商材を最初から最後まで読んで、行動してください。


男性のあなたは
  ↓↓↓

妻に許してもらい離婚を回避する方法



女性のあなたは
  ↓↓↓

夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法





なぜなら、同じこのマニュアルを読んだ私も離婚を回避し、家族を取り戻せたからです。


それと現在のあなたの悩みが

離婚・調停相談
熟年離婚・離婚調停
浮気・不貞行為・不倫相談
親権・養育費 相談
法律問題・法律相談
自分の親や子供の離婚問題


の場合、一刻も早く専門家に相談する方が良い場合もあります。

その場合はこちらから無料で、あなたのご希望する問題解決のプロを紹介してもらえます。

【離婚問題】相談サポートweb無料相談







あなたが、一日も早く大切な家族を取り戻せるよう、心からお祈り申し上げます。